お買い物は通販に限る

お買い物は通販に限る

カタログ通販は買い物に行くのが面倒だーという人には、救世主のようなものです。「試着できないから通販で洋服は買わない」という人もいれば「試着するのが嫌だから通販で買う」という人もいるんですね。きっとお互いがお互いを理解するのは距離があるかもしれませんが、それぞれの言い分もごもっともなので面白いです。試着するのが嫌だから・・という人は、かなりいろんなものを通販で買っています。アクセサリーといった小物はもちろんですが、食べ物も通販が大好きだとか。なんでも選ぶのが面倒になって、頒布会まで取っちゃった~と笑っています。そんな彼女の通販好きの言い分を見て見ましょう。

買い物は面倒だ

彼女は断言します。「買い物に行くのがとにかく面倒だ」ということです。いつも同じような洋服を着ているわけでもなく、どちらかといえばオシャレ系に区分されるんじゃないかな?!と思うような彼女は、買い物に行くことがキライだと豪語しています。日常生活に不可欠なトイレットペーパーなどはかさばるからもちろん買いに行きたくない。あんなの買ったら他のが買えなくなるというので、じゃあどうしているの?と聞けば、某通販サイトを使ってトイレットペーパーも、ティシュペーパーも入浴剤も買ってしまうといいます。かなりの買い物嫌いかも?!

そして通販大好きの彼女は、今ではすっかり通販三昧のようで日用品は通販で決まりでお米やお水といった重くてかさばるものは、通販で購入するのはもちろんですが、スィーツもお取り寄せで買っているとか。おまけに有名店のパンも通販で買えるんだよ~♪と通販の魅力をあつくあつーーく語っています。

大好き!通販!

インカムがあれば遠く離れた相手とのやりとりがらっくらく♪携帯よりもサクサクつかえます。広かったり壁や仕切りが多くてやりとりがしづらい職場や、あっちこっち動き回るイベント現場などで大活躍まちがいなし!

試着はいやだ

試着がいやだという理由はなに?!と聞くと、靴を脱いでそして洋服に付かないようにスカーフを顔につけて、そして試着する。それがなんともいえず面倒だといいます。おまけにパンツ系の服装の場合は特に脱ぐのが面倒で、そしてトップスとのバランスを考えて他のトップスも試着するとなるとますます脱ぐのが多くなって嫌だとか。

特に嫌なのが冬場だとか・・冬場になると暖かい系の下着も着ているからそれを着たままで試着すると、余計おかしいしブーツだと脱ぐのがさらに面倒だといいます。確かに彼女の理屈もごもっとも。ブーツは脱ぐのが面倒ですし、ブーツがロングだとさらに面倒。ブーティでもなんだかなぁ~という気持ちになってしまいます。

冬服のセールが終わると春物になるので、春物の衣類は薄着になっているので黒系の下着を着ていると黒が透けてしまいます。そこにブーツなどを履いていた日には、確かに面倒です。試着が嫌だから基本的に通販でしか買わない。という彼女の話を聞いて、それもいえてるかも?!と納得してしまいました。

そして彼女がいうには、試着するのも嫌なのにお店の人があれこれ持って来てさらに「どうぞせっかくなのでお試しください」と試着させられるのが嫌だ。と言っています。かつてはしつこい?とも思える接客が多かったように思えますが、最近のショップ店員さんはそんなにしつこくなく逆にあっさりしているぐらいだよ。というと「ふ~ん。でもやっぱりいいや」とこれからも通販を愛用するから。通販道を極めていくそうです。

「靴はやっぱり履かないとムリじゃない?」と聞くと、靴は基本のブランドさえ決めて大丈夫だとか。試し履きをしても結局足が痛くなることなんてざらにあるから、それを思えば大丈夫で心配な時はワンサイズ大きめを買って、中敷で調節しちゃうから靴も別に通販で大丈夫よ。とあっさりとした答えです。

やっぱり通販がいい

そしてなんでも靴の場合は返品可能な商品が多くなっているから、心配ならそういう靴を買えばいいとか。そして通販の良さは、返品できることだとも言っています。確かに通販は返品の送料は自己負担のケースもありますし、送料も通販会社がもってくれるところもありますし、返品すればいいから。というのが気楽かもしれないですね。

靴はもちろんですが、洋服もあんがい家でじっくり選んだほうが楽かもしれないです。1冊の通販雑誌をばっーーーと見たあとに気になるものにチェックを入れて、そして他の通販雑誌も見て気になるものにチェックを入れて、そしてさらにゆっくりじっくり考えられる時間があるときにしっかり見て決めるのもありかもしれないです。洋服を買いに出かけると、ついついあれもこれもと目に映ってしまいますが、カタログショッピングの良いところはじっくり時間をかけて選ぶことができることです。自分の見たいときに時間に関係なく見れるは、外に買い物に行く時はまったく違います。外に出かけて買うときには、これだ!と見つけるまでにフロアーを巡って、気になる洋服があればさらに試着をして・・となると、1時間や2時間など経つのはあっという間に時間は経ってしまいます。そして気がつけば何も買いたいのか分からなくなってしまった。な~んてこと実際にあります。

ネットショッピングでの注意

社会発展のため、顧問先の発展のため、従業員の幸せのため、私達税理士法人コスモスhttp://fukuoka.cosmos-gr.co.jp/は無限の可能性を追求します!さぁ、一緒に元気な企業へとステップアップしていきましょう!

贈り物こそ通販

そして通販大好きの彼女は、贈り物こそ通販が一番いいといいます。お見舞いの品物やお見舞いのお花も、店頭に出向くよりも品数が断然多いのが通販の魅力だといいます。いつも頭を悩ませる父の日や母の日のプレゼントも、うっかり忘れてしまうけど通販なら忘れることないからね。とも言っています。

お店側でも母の日や父の日そしてクリスマスといったイベントごとでは、お店の店頭に「おかあさん、いつもありがとう」といったディスプレイでハッ!そうだ、もうすぐ母の日だ・・と気づかされますが、通販も同じようで通販雑誌にもイベントが近くなると母の日用に、スィーツだったり小物だったりといろいろ掲載されています。そしてちょっとしたお花と一緒にセットで小物の商品も展開されているので、あとは予算と相談しながら購入するだけです。

母の日に向けて、ビーズで手作りのものでもプレゼントしようと作り出したらすっかりはまってしまって、あげるのが惜しくなった。という笑い話もあります。そして結局あまりにも懲りすぎてしまってあげるのが惜しくなって、手元に置いておこうと決めたとか・・。笑 その話を聞いて笑ってしまいましたが、自分が想像したものよりももっと良いものができたら手元に置いておきたくなります。

父の日の前には、入手困難なお酒や人気のアルコールも充実しているのでアルコールを贈りたいな。と思っている方は、店頭で探すよりも通販のほうがもっと品数が多いかもしれないです。もちろんアルコール以外にも、こんなのおもしろいな。というような商品も、父の日ならではの選ぶ楽しみですね。

敬老の日も案外忘れやすいものですが、敬老の日の贈り物は頭を悩ませてしまいます。お年寄りになると、ほとんど欲しい物は持っているので何をプレゼントしていいのかが悩みどころです。いっそのこと贈らないでいいかな。といった考えが頭を過ぎってしまうことも正直ありませんか?!考えれば考えるほど、余計に分からなくなってしまうので敬老の日のプレゼントは、使ってなくなるものとか食べれるもの。といった実用品や食料品になってしまうことが多くなりますが、最後は気持ちです。「気持ちだから」と思って選ぶとすごい楽になります。

近所のネットスーパー

保育のしごと.netではサイトに掲載している求人情報の中から、ご希望の条件でお仕事を検索することができます。保育士の仕事仕事探しにぜひご活用ください。皆様が希望の職に就けますようサポートいたします!

忙しい毎日だから通販が便利